2006年05月02日

HTMLとスタイルシート

今まで何気なくブログのカスタマイズのことについても触れてきましたが、ふと思いました。


わからない人は、これでもわからないんじゃないかなって。


もちろん、ネットで調べて勉強することは出来ます。
でも、「誰でも簡単に出来るはずのブログ」で、勉強しなきゃ出来ないって、それも何だかなぁという気がします。
必要なところだけ、わかりやすく書いてあれば・・・。
その気持ちは、とてもよくわかります。
だって私も、ごく半端な知識しかなくて、悪戦苦闘しているからです。
わかる人には何でもない当たり前のことでも、わからない人間にはわからないんですよね・・・;;


というわけで、ブログをカスタマイズするに当たって、私が悪戦苦闘して得た小さな知識をまとめて披露することにしました。


まずは基礎の基礎。


ブログは、コンテンツの配置などは誰でも弄れるようになっています。
(seesaaでは「コンテンツ」、FC2では「プラグイン」など、ブログによって名前は違いますが)
が、もっと自分らしさを出そうとすると、途端にそこで難しくなります。


弄ろうとした人はご存知でしょうが、カスタマイズをする時には「HTML」と「スタイルシート」とがあるのがわかると思います。
さて、これって一体何でしょう?


【HTML】

WEBページはHTML言語というもので書かれています。
ブラウザも検索ロボットも、視覚的にページを見るのではなく、HTML言語を読みます。
いわば、「○○ってどんなところだったよ」が、写真ではなく文章で書かれている状態ですね。

ブログの場合、HTMLはあまり弄る必要がありません。
前にも言いましたが、必要なものが自動的に引用されるようになっているからです。

従って、こう覚えてください。
HTMLは「サイトの情報と各パーツの区画割り」のためのものだ、と。

実際にHTMLを読むと、最初にサイトの情報、そして次に本体の配置について「でっかい枠組みがあって・・・最初にヘッダーが来て、ヘッダーにはタイトルを入れて、その下にはブログ説明を入れて・・・」なんて調子で、つまりは「どこに何を入れるよ」ということがずらずらと書かれています。


【スタイルシート】

さて、先ほどの例で、「タイトルを入れて」という部分がありましたが。
そのHTMLだけの記述では、タイトル文字の色や大きさの指定がまったくされていません。
その「スタイルを指定」しているのが、スタイルシートです。
HTMLの記述をよく見ると、○○って名前のスタイルでタイトルを入れるよ、って書き方になっています。

スタイルシートは全部、スタイル指定の文章です。
最初に全体を支配するスタイル、そして後は、パーツごとに「スタイルの名前」、そしてそれについての「スタイル指定」、これがスタイルシートのすべてです。

つまりは、何かのスタイルを変えたいと思った時は、「それが何という名前のスタイルを使うことになっているか」を調べ、その名前のスタイルを弄ってしまえばいいんですね。

何というスタイルを使うことになっているか、それはHTMLに書いてあります。
seesaaブログの場合は、コンテンツのところから、そのコンテンツについての「HTML編集」の画面があって、初心者にもわかりやすくなっています。


今日はここまで。
短くてごめんなさい。


明日からしばらく、実際のカスタマイズの仕方について書いていきたいと思います。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この記事はいかがでしたか?少しずつですが、頑張っています。
応援お願いします!

e_02.gif     banner_03.gif
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。